2016年08月26日

グリーン経石原芙由済」の理念、宣言に リオ+20

ブラジル・リオデジャネイロで開かれていた「国連持続可能な開発会議」(リオ+20)は22日夜(日本時間23日)、閉幕した. 環境と成長の両立を目指す「グリーン経済」の理念などを盛り込んだ宣言「我々が望む未来」を採択したが、先進国と途上国の溝が埋まらず、具体的な目標や政策に乏しい中身にとどまった. 国連によると、国連の会議としては過去最大級の約4万5千人が参加した. ただ金融危機に揺れる欧州からはメルケル独首相やキャメロン英首相らの欠席が相次ぎ、オバマ米大統領も出席を見送った. 日本も野田佳彦首相に代わり玄葉光一郎外相が参加. 主な先進国で首脳が参加したのはフランスのオランド大統領だけとなった. 採択した宣言(成果文書)では、途上国と先進国が地球環境問題に取り組む際の原則「共通だが差異ある責任」を再確認. 有限な化石燃料を使って先に発展した先進国が、より大きな責任を負うとする途上国の主張を改めて盛り込んだ. 26日、ソフトバンク0-0オリックス) ソフトバンクの岩崎が6月3日以来の先発マウンドで、7回を9奪三振、無失点と上々の結果を残した. 交流戦では勝ち星に恵まれず、直球の力強さを取り戻すために、中継ぎで起用された. この日は、「中継ぎの時と同じ感覚で投げた」と、力強さが戻った. アシックス 安全靴 秋山監督は「今季一番の投球. このスタイルでいけばいい」と合格点を与えた.
posted by TashiroAya at 03:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: