2016年11月25日

World of Tanks』では戦車と

作家の司馬遼太郎は戦時中、戦車兵だったことがあるそうで、自分の戦車を迷子にしてしまい、散々上官に叱られたことをその著作の中でつづっています. アメリカ軍なら、戦車兵が迷うことを前提に、辻々に道案内の士官を立たせておくのにと愚痴っていましたが、「少しのことにも先達はあらまほしきことなり」とは吉田兼好の言で、"何事にも指導者がいてほしい"という意味. まったくおっしゃる通り! 新マップに放り込まれるとどこ行ったらいいのかさっぱりです. はてさて、突然放り込まれて何していいかわからないのは、『World of Tanks』(以下、『WoT』)のガレージ画面も同じ. 構造を理解すれば理にかなった作りなんですが、初心者にとっては、あまりわかりやすいものではないかもしれません. というわけで、今週はガレージの仕組みについて解説します. たかがガレージと侮ることなかれ. 迷うと先々苦労しますよ. 戦闘以外のすべての要素がガレージに詰まっている! 皆さんがゲームにログインすると、最初にたどり着くのはガレージ画面. あまり複雑で深い階層構造を持たないように配慮されているのですが、それゆえに無駄のない配置で、少し取っつきづらいイメージがあります. 画面も薄暗いし... . 単純に戦闘だけを行うなら、ガレージ画面にある自分の所持戦車を選び、戦闘開始ボタンを押すだけでいいのですが、それだけだと上位のTierにも進めなければ、搭乗員のスキル習得もできません. また、戦闘で得る経験値とクレジットは、このガレージにて活用することになります. 経験値は、新たな車両や装備の開発と搭乗員の教育に、一方のクレジットは、車両や装備の購入に使います. プレミアムアカウントの場合、ガレージの景観もグッと豪華に. 所持車両が増えてくると目的の戦車を探すのが難しくなってきますが、所持車両リストの脇にある国別・車種別のセレクタを使うと便利です. ガレージの各階層へは、画面中央上部にある【ガレージ】【倉庫】【ショップ】【実績】【技術ツリー】【兵舎】のタブ(ボタン)から移動することができます. それでは、それぞれのタブの詳細について説明していきましょう. 一番ご厄介になる【ガレージ】 最初にたどり着く画面が【ガレージ】だというのは、先ほども書いた通りですが、戦闘に向かう以外にも、ここから他の階層へと移動するための、基本中の基本の画面でもあります. 中央に鎮座しているのが、現在選択している戦車. 戦闘を開始すれば、この戦車で出撃することになります. 戦車の下にある【修理・補給】のタブは、主にTier II以降でお世話になります. 出撃して車両がダメージを受けると、ここで修理しないと出撃できません. また、ここで消耗品を購入することも可能です. 弾薬は、基本弾頭の徹甲弾(AP)が所持弾数の最大値に設定されていますが、この数値を減らすことで、さらに強力な硬芯徹甲弾や、異なる効果を発揮する榴弾を購入することができます. Tier Iにおける戦車の修理と補充は、ノーコストかつ自動なので、初心者でも安心. 戦闘によって消費した後、これらの弾薬は使った分を補充する必要がありますが、硬芯徹甲弾や榴弾は通常弾頭に比べて高価なので、注意が必要です. お金に余裕があるなら、自動修理や自動補給をチェックしておくと、戦闘終了後に勝手に修理と補充を行ってくれます. エリートステータスを獲得した戦車の場合、"搭乗員訓練の促進"というチェックボックスが画面に出現します. これをチェックしておけば、車両が得る分の経験値を、搭乗員の育成に振り分けることができます. 表示されている戦車は、マウスホイールで拡大縮小して眺めることができます. また右ボタンのドラッグで回転も可能. モジュールやアイテムを装備する作業は、ガレージ画面でも行えます. 装備できるものがリストで表示されるので、性能を比較するのに便利です. 【補給・修理】の隣にある【塗装】では、車両にペイントする"迷彩"のパターンや"徽章"などを購入できます. いずれも、期限付き購入はクレジットで、無期限購入はゴールドで行えます. 「迷彩なんて買っても、どうせ目視して撃つわけじゃないから、関係ないよ」と考える方もいるかもしれませんが、実は適正な迷彩を所持していると、隠蔽率にボーナスが付加されます. Tier Iの段階では、"ヒメルズドルフ"以外のマップは夏季となるので、最初は夏季迷彩を購入するのがオススメです. 迷彩には冬季・夏季・砂漠の3種類があり、これをそろえて所持しておけば、出撃するマップの環境に合わせて、自動選択で最適なパターンが適用されます. なお、徽章と銘刻は見た目がカッコイイだけで、性能にボーナスが付くわけではありません. これが迷彩を施した状態. 敵から見えているか否か、イマイチわかりづらいのですが、双眼鏡と合わせれば、偵察を行う軽戦車の強い味方になってくれるはず. →倉庫やショップで戦車をカスタマイズ! (2ページ目へ). NHN PlayArtとレベルファイブは、共同開発・サービスを展開しているPC用オンラインゲーム『イナズマイレブン オンライン』の大型アップデート第1弾を本日8月27日に実施した. これまでの"バトルロード"を一新して、登場キャラクターたち一人一人に焦点を当てた新モード"ストーリーロード"が実装された. 今回実装されるストーリーは5種類で、それぞれ5つのステージで構成されている. 各キャラクターのストーリーをクリア後には、物語にちなんだ選手を入手することができる. ●今回追加されるストーリー ・Story01 円堂守/超次元サッカー開幕! ・Story02 豪炎寺修也/伝説のストライカー ・Story03 源田幸次郎/キング・オブ・ゴールキーパー ・Story04 鬼道有人/天才ゲームメーカー ・Story05 一之瀬一哉/フィールドの魔術師 また、期間内でプレイヤー同士の順位を競う"ランキングバトル"が登場. ランキング上位に入ることで、強力な選手やアイテムが報酬として受け取れる. 第1回は8月27日~9月3日のメンテナンス前まで開催され、メイン報酬として"SRウルビダ(エイリア学園)"が手に入る. 突然ですが、皆さんはバンダイナムコゲームスが配信しているiOS/Android用アプリ『バンダイナムコゲームスAR』をご存知でしょうか? AR画像を利用したこのアプリは、ゲームなどの人気キャラと一緒に記念写真を撮影できるもので、3月16日に東京秋葉原で開催される"ゲームの電撃 感謝祭2014"でも、このアプリを使った仕掛けが用意されています. "ゲームの電撃 感謝祭2014"で記念撮影ができるのは、『ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント―』『アイドルマスター ワンフォーオール』『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます! 』の3作品に登場する人気キャラクターたち. はたして、ARアプリでどんなことができるのか? どんな写真が撮影できるのか? 気になる部分を取材してきたので、さっそくレポートをご覧ください! なお、パネルやAR画像については調整中の部分もあるため、写真内に"SAMPLE"の文字を入れておりますので、ご了承ください. iOS版QRコードAndroid版QRコード アプリ内に表示されるキャラと記念写真を撮ろう! 『バンダイナムコゲームスAR』の使い方は簡単で、アプリ内でカメラを起動させて、特設マーカー(等身大パネル)にかざすだけ. そうするとカメラにキャラクターのAR画像が表示されるので、そのキャラクターと一緒に記念写真を撮影できるわけです. SNSでのシェア機能にも対応しているので、撮影した写真を手軽にTwitterやFacebook、LINEにアップできます. もちろん、メールへの添付も簡単にできます. 実際に試してみた感覚では、アプリの起動速度が速くて快適な感じ. マーカーを感知するのもスムーズで、本当に軽くかざすだけでしっかりとAR画像を表示してくれます. 普通にスマホのカメラを使う感覚で、さくさくアプリで撮影できます. こういうインターフェースの部分って大事ですよね. さて、今回の取材でお試しができたのは、"ゲームの電撃 感謝祭2014"で記念撮影ができる『ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント―』『アイドルマスター ワンフォーオール』『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます! 』の3作品について. 3月16日のイベントに行く予定がある方は、ぜひ予習がわりにこの記事をチェックしてください. ... 個人的には、あえて情報をシャットアウトして、イベント当日にARアプリならではのサプライズを楽しむのもアリだと思いますけどね. まずは『ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント―』の等身大パネルを使った記念撮影から. なんとなく、特設マーカーと聞くとQRコードやバーコード的な無機質なものというイメージがあったんですけど、このアプリに対応したマーカーはアスナの等身大パネル. あれ? なんだか、ARアプリを使わなくても、普通のカメラでアスナと記念写真を撮ることもできますね、これ(笑). ARアプリを利用する前に、まずはアスナの等身大パネルとそのまま記念撮影. 実際、ARアプリを使わなくても記念写真が撮れちゃいましたが、『バンダイナムコゲームスAR』をパネルにかざすと... おお、キャラクターが増えた! ARアプリを特設マーカー(等身大パネル)にかざすと、画面内にAR画像が! AR画像のアスナはレアな衣装の特別版なので、ぜひ会場でお確かめください. キャラクターたちを中心にして自分は写真の端に映るもよし、等身大パネルとAR画像の間にはさまれて両手に花を楽しむもよし. なるほど. こういった選択の幅広さは、普通の等身大パネルでは体験できないものですね. ちなみにAR画像のアスナの衣装は、ゲーム中でもなかなか登場しないレアなもので、"ゲームの電撃 感謝祭2014"のイベント会場限定で特別に公開されるもの. この衣装のアスナと記念撮影ができるチャンスは限られているので、この機会をお見逃しなく! 続いて『アイドルマスター ワンフォーオール』について体験してみたのですが、残念ながら最終調整中とのこと. 撮影した写真を掲載することはできませんが、サプライズな仕掛けが用意されていました. 等身大パネルにアプリをかざした瞬間... なんと、ものすごい人数のキャラクターたちがカメラ内に登場! 『アイドルマスター ワンフォーオール』のパネルは天海春香仕様. AR画像では、たくさんのアイドルたちが登場します! てっきり等身大パネルのキャラクターと撮影ができるとばかり思い込んでいたのですが、まさかの集合写真とは! こういうギミックは、ARを利用したアプリならではでおもしろいですね. 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます! 』の等身大パネルは、西住みほが微笑んでくれているもの. これはきっと、あんこうチームの誰かがAR画像で登場するのではないかとARアプリをかざすと... . ばばーん. 応援にかけつけたのは、オンラインゲームが大好きなアリクイさんチームのねこにゃーでした! かわいい! うーむ、ねこにゃーときましたか. 予想が外れたけど、これはこれで楽しい気が(笑). ARアプリをかざすまでどんなキャラクターが出てくるのかわからないので、いい意味でドキドキしますね. 『ガルパン』の記念写真を撮影していて思ったんですけど、仮にみほちゃんと一緒に等身大の戦車パネルを用意するとしたら、置ける場所的にかなり制限がありそうな気がするんですよ. でも、このARアプリを利用すれば、そういう場所の問題を気にせずに、いろいろな仕掛けや写真撮影が楽しめそうな気が! なんだかゲーマーの本能的に、この『バンダイナムコゲームスAR』には、まだまだいろいろな可能性が秘められている気がします. ●『バンダイナムコゲームスAR』使用時の注意点 基本的にはカメラで写真を撮るアプリなので、そんなに難しい部分はありませんが、使用に際して少しだけ注意点や設定が必要となります. イベント会場でこのアプリを使いたい人は、事前に本アプリの紹介ページを読んでおいたり、写真を端末に保存できるか確認しておいたりするのがオススメです. といっても、設定自体は簡単で、要は撮影した写真をその端末に保存するという設定を行うだけ. もし設定を忘れてしまうと、せっかく会場で撮影した写真を保存できずに終わってしまうわけで... . そんな悲しいことがないよう、しっかりと事前にチェックしておきましょう. もう1点の注意点というかルール的なものですが、本アプリは特設マーカーから2メートル以上離れて撮影することを推奨しています. イベント会場では推奨する位置がわかりやすいように目印がつけられる予定ですが、念のためにご注意ください. そんなわけで、AR画像を利用して人気キャラとの写真撮影を楽しめるARアプリ『バンダイナムコゲームスAR』のレポートをお届けしました. 今後、さまざまなイベントでこのアプリを使ったユニークな仕掛けが用意されるとのことなので、バンダイナムコゲームス作品が好きな方は、ぜひダウンロードしてみてください. そして、まずは3月16日に東京秋葉原で開催される"ゲームの電撃 感謝祭2014"で、ARアプリならではの記念写真を撮って楽しんでいただければと思います.
posted by TashiroAya at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: